PMS

PMS

PMS(月経前症候群)で悩んでいても病院には行きたくない。
そんな貴女にぴったりなサプリメントがあります。

PMSとは

PMSとは生理が始まる3~10日ぐらい前からイライラしたり、落ち込みやすくなるといった精神的な症状や、頭痛や眠気、乳房の張りなどの肉体的な症状が起きる病気のことで、日本語では月経前症候群と呼ぶそうです。症状はこれら以外にもたくさんあり、人によって様々なようですね。他の病気の症状と似ているケースもありますが、PMSは生理が始まると同時に症状が消えたり、軽くなったりするのが特徴ですので、その点で判断ができるみたいです。

原因には卵胞刺激ホルモン、エストロゲン、黄体化ホルモン、プロゲステロンなどのホルモンが関係しているようですが、今のところ明確な原因は解明されていないそうです。このため今はまだ対症療法しかなく、完全に発症を抑えることは難しいようです。

PMS診断

PMSかどうかをセルフチェックできるサイトがネット上にはたくさんあります。ご自身の症状と照らし合わせてPMSかどうかの参考にしていただきたいのですが、それ以前に、PMSになりやすいタイプかどうかのチェックもしてみるといいそうです。

PMSは個人の性格と密接に関係しているようで、性格によってなりやすい人、なりにくい人というのがあるそうです。マジメ、完璧主義、几帳面、律儀、自分に厳しい、感情を抑えがちといったタイプの方、また、負けず嫌い、こだわりが強い、自我が強い、執着心が強い、コンプレックスがあるといったタイプの方などはPMSになりやすいタイプだそうです。

いずれの場合もストレスをため込みやすい性格だといえます。ストレスによってホルモンバランスが乱れるのでPMSになりやすいということのようですが、性格はすぐには変えられないので、もし該当するようであれば、ストレス発散を心がける必要があります。

PMS 薬

プレフェミンは日本で初めてPMSを治療するために作られた市販薬です。有効成分はチェストベリーという西洋ハーブの乾燥エキス。他にもチェストツリーや西洋ニンジンボクという呼び名がありますが、どれも同じものを指しています。 チェストベリーには女性ホルモンのプロゲステロンの分泌を促進する働きがあるため、黄体ホルモンの分泌不足によるPMSなどの症状に効果的なんだそうです。

日本ではまだ歴史は浅いのですが、ヨーロッパでは昔から薬用植物として利用され、婦人科疾患の治療に一般的に使用されているそうです。日本では要指導医薬品なので、薬剤師からの購入となりますが、現在ではチェストベリーを使ったお茶やサプリメントがあるので、こちらの方がお手軽かもしれません。その他の薬としては、低用量ピルや漢方薬もありますが、体に合わない場合や、効果が出ない場合もありますので、まずはこのようなサプリメントから始めてみてはいかがでしょうか?

毎月のつら~い女性特有のモヤモヤにお悩みの方に!
「女性特有の体調不良」を笑顔でのりきる有用成分チェストベリーを1粒に40mg配合!
★今だけ! 30日分が実質無料★

PMS トップへ戻る

Copyright 2016 © みつかる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner