飛蚊症

飛蚊症

目の前に何かちらちらと浮遊物が見える。
そんなあなたは飛蚊症の可能性があります。

みつかる通販 > 飛蚊症

飛蚊症とは

症状には個人差があるようで、形状は糸状、小さな粒、丸い輪など色々あり、色は黒、白、半透明などの場合があるようですが、ものを見ている時に目の前をこのような小さな浮遊物が飛んでいるように見えるのが飛蚊症です。この浮遊物は視線を変えても一緒に移動してきますし、目をこすっても消えません。明るい場所ではっきりと見えるので、とても気になる病気だといえます。

体の免疫機能が正常であれば、目に発生した活性酸素を分解する酵素が分泌され、硝子体の組織が酸化することを抑えて飛蚊症を防いでくれるのですが、加齢とともにこの酵素の分泌が減少してしまうと、硝子体の組織の酸化が抑えきれずに飛蚊症となってしまうようです。ただし現在では飛蚊症の症状が出始める年齢も低年齢化しており、早い方では20代から自覚症状が出る人もいるようです。

飛蚊症 原因

飛蚊症は目の構造と密接な関係があります。目の中は空洞ではなく、透明なゲル状の硝子体という物質で満たされています。この硝子体の成分は加齢などともに変化し、一部にしわのようなものができます。このしわの部分が濁ってその影が網膜に映り、視野の中で黒い点のように見えてしまうのが飛蚊症です。

また生まれつきの飛蚊症もあるようです。母体内で胎児の眼球が作られる時には、硝子体に血管が通っているのですが、眼球が完成するとこの血管は無くなるんだそうです。しかし、稀に生まれた後もこの血管の名残りが硝子体に残ってしまう場合があり、これが濁りとなって飛蚊症の症状を感じることがあるんだそうです。このタイプであれば、よほど症状が進まない限り、あまり気にしなくてもいいみたいですね。

一方、病気によって飛蚊症が引き起こされる場合があり、その代表的な病気には網膜剥離があります。視野が欠けたり、物がゆがんで見えるという症状もある場合にはすぐに眼科を受診してください。また近視の人がなりやすい後部硝子体剥離という病気でも、硝子体が剥がれた部分が黒い点のように見えることもあるようです。

飛蚊症の治し方

網膜剥離などの病気が原因で飛蚊症が起きている場合は、その眼病を治療することで飛蚊症が治ることもありますが、生理的な飛蚊症や加齢による飛蚊症の場合は基本的に治療することはできないそうですので、 この場合は食生活の改善やサプリメントによって対応することになります。

食生活の改善では、現状以上に飛蚊症の症状を進行させないことと、今見えている浮遊物自体を取り除くことが主眼となります。硝子体の酸化が原因ですので抗酸化性の成分や、不純物を取り除く成分などを摂取しながら、時間をかけて対応していくことになるようですね。また活性酸素ができる原因である紫外線をできるだけカットするようにすることも重要です。

抗酸化作用のある「ルテイン」という成分を含んだサプリメントが有効なようですよ。
目の調子を整えるなら機能性関与成分「ルテイン」配合の【めばえ】

飛蚊症 トップへ戻る

Copyright 2016 © みつかる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner