眼精疲労

眼精疲労

眼精疲労は重度の疲れ目のことです。
生活面で影響が出る前に、早急に対処が必要です。

みつかる通販 > 眼精疲労

眼精疲労 症状

眼精疲労の症状の出方には4種類あり、目の不快感として現れる場合、見え方に現れる場合、目以外に現れる場合、精神面に現れる場合があるそうです。

【目の不快感として現れる症状】 目の痛み、乾き、疲れ、かすみ、痒み、充血、まぶたが重だるいなど。
【見え方に現れる症状】 物がかすんで見える、焦点が合いにくい、異常に明るく感じたりする光過敏など。
【目以外に現れる症状】 頭痛、肩こり、背中の痛み、手のしびれ、吐き気、めまい、胃もたれ、胃痛、食欲不振など。
【精神面に現れる症状】 不眠、倦怠感、イライラ、不安感、抑うつ状態など。

症状からは、眼精疲労が原因だと連想できないものもありますので注意が必要です。

眼精疲労 つぼ

眼精疲労とは、目の周りの筋肉を動かさないことで起こる血行障害のことです。眼精疲労が疑われる時に行いたいのが、目の周りの筋肉をほぐし、血行を促進する効果のあるツボマッサージです。特に入浴時に目を温めて、心身がリラックスした状態で行うと効果が高いそうです。

目の近くにあるツボとしては、目頭から耳の方向に向かって上回りに 睛明、攅竹、魚腰、糸竹空、太陽、瞳子膠、承泣、四白といくつものツボが集中しています。首から肩にかけては天柱、風池、肩井、手と足には合谷、足三里などのツボがあります。

これらのツボを指の腹で、痛いけれど気持ちいいと感じるぐらいの強さで押します。強すぎると逆効果になるので注意が必要です。また、マッサージする時は眼球を圧迫したり、傷つけたりしないよう注意してください。

眼精疲労 薬

眼精疲労の薬としてはビタミン類が配合された点眼薬が一般的です。ビタミンB群は目の粘膜や末梢神経を正常に保ち、ビタミンEは抗酸化作用で神経を保護し、血行を促進して筋肉の疲労回復を促します。ただし、多くの点眼薬には防腐剤が入っているので注意が必要です。特にドライアイになった目は防腐剤の影響を大きく受けます。ですから、眼精疲労の改善目的で点眼薬を使う場合は、防腐剤が入っていない人工涙液を選ぶといいそうです。

眼精疲労でお悩みの場合は、点眼薬だけに頼るのではなく、まずはパソコンやスマートフォンの使用環境や使用頻度、ストレス発散、適度な運動、食生活、睡眠時間などの生活習慣を見直し、必要に応じてサプリなどを使う必要があるようです。

目の機能性表示食品「えんきん」

眼精疲労 トップへ戻る

Copyright 2016 © みつかる通販 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ

seo great banner